DHAとは何か? 身体に対しての効果は?

身体に良いものとしてよく聞くDHA。取り入れる事で身体にどんな作用があるんでしょう?簡単におさらいしてみましょう。

DHAとは、魚油に多く含まれる脂肪酸で正式名称はドコサヘキサエン酸で、マグロ・サバ・サケなどの青魚や植物油(亜麻仁油やえごま油など)に多く含まれます。

「中性脂肪やコレステロールの軽減」

「動脈硬化の予防」

「血液をサラサラに」

「高血圧の予防」

「学習能力の向上」

「運動能力の向上」

など生活習慣病を予防する効果もあると考えられ、その効果は多岐に渡ります。

DHAと言えば「頭が良くなる」というのを聞いた事がないでしょうか?

人の脳にある海馬は、学習や記憶をつかさどる部分で頭の良い悪いはここの働きにかかっていると言われています。

DHAは脳の海馬に多く含れ、赤血球や細胞膜を柔軟にして海馬へ十分な酸素と栄養を届けてくれます。そのためDHAを摂取すると頭が良くなると言われてるんですね。

DHAと同じように、青魚から摂取できるEPAというものがあります。

同じように思えますが、脳には血液脳関門という栄養を通過させる部分があり、DHAはここを通過することができますが、EPAは通ることが出来ません。

DHAはサプリメントで取る事も出来るので、日常的に摂取するのは理想の食生活かも知れませんね♪

DHAサプリを選ぶならコチラのサイトが参考になります!>DHA・EPAサプリ比較ランキング!おすすめのDHAサプリを紹介

DHAの効果と簡単に摂取できる方法

最近注目されているDHAは、ドコサヘキサエン酸を略称した物質です。

摂取することによって体内に吸収し、コレステロールや中性脂肪の減少、血圧を下げる効果など成人病に関する複数の症状を抑えることができることから、年齢が上がるほど積極的に摂取することが望ましいです。

食生活が乱れている時には、DHAが含まれているサプリも販売していますので、飲むことによって摂取することもできます。

ただ普段の食事でも摂取すれば成人病予防にも繋がるので、どの食材に配合しているのか知りたいですよね。

DHAが含まれている食材は、サバや鮭、イワシ、タラなどの魚があります。

料理をしていなくても、寿司やおにぎりなどで食べることもできます。

スーパーなど食材を扱っているお店でしたら、買って焼くだけでも簡単に食べることができます。

調理する時間がなくて短時間で食べたい場合にはの缶詰もありますので、お茶漬けにすることで食欲がないときでもサラサラと食べることもできます。

普段から見慣れている食材に多く含まれていることから、次巻や手間を掛けなくても、簡単にDHAを取り込むことが可能です。

DHAは特に子供には摂らせたい物ですがカレー風味の簡単イワシ料理は如何でしょう

ドコサヘキサエン酸(通称DHA)ですが、人の脳内に多く存在する不飽和脂肪酸の一つであるとされております。

特に子供にはどうしても摂らせてあげる必要がある物で、子供の学習機能の向上や、記憶力の向上、抗アレルギー等に効果があるとされております。又大人にとってもこのDHAは必要で、血中脂質低下作用により血液のドロドロの予防で有ったり記憶力の維持で等に効果が有ります。

これらの事からDHAは子供から大人、高齢者に至るまで幅広く必要とされております。このDHAが特に多く含まれている食材として有名なのが「青魚」です。

イワシ、サバを始めとし、サケやマグロ等にも多くのDHAが含まれております

但し、DHAは魚の調理方法によっては充分に摂る事が難しく、例えば魚を焼いたり煮たりするだけでおおよそ2割、揚げたりした場合には6割から7割も減少してしまうのです。

特に子供の場合には魚料理よりも肉料理を好みますので、充分なDHAを摂らせるには魚料理のレシピをきちんと考えておく事が必要になってきます。そこでお薦めのイワシを使ったレシピが有ります。

唐揚げやフライ用に骨抜きをしたイワシを使い、このイワシに薄力粉と粉末のカレー粉を混ぜ、イワシに良くまぶします。それをフライパンで焼くだけの簡単料理がお薦めです。カレー風味ですので子供でも食べてくれると考えます。試して見て下さい。